Ticket is not available

Event is FINISHED

『医療・介護従事者必見!今から始める医科歯科連携!』2回シリーズ:オンラインLIVEセミナー

Description

DAY 2.症例でみる医科歯科連携

【セミナーのポイント】

・医科歯科連携の実際

・口腔の「見える化!?」口腔スクリーニングの活用について

・職種連携の考え方

・患者さんのための連携を



【講師のご紹介】

白石 愛 (歯科衛生士)

熊本リハビリテーション病院歯科口腔外科勤務

熊本県出身
熊本県歯科医師会立 熊本歯科衛生士専門学院卒業
一般開業医就職後療養型病院、訪問歯科、老健等を経て
平成23年 熊本リハビリテーション病院歯科口腔外科勤務


【受賞歴】
第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 フェローシップ賞受賞
【論文著書】
・DHstyle 2013年12月号;NSTを知ることで歯科衛生士の可能性を広げよう
・デンタルハイジーン2014年12月号;いまこそ低栄養・サルコペニアに目を向けよう(共著:若林秀隆)
・在宅リハビリテーション栄養;在宅での摂食嚥下障害、オーラルフレイル評価
・高齢者の摂食嚥下サポート;診察時にできるオーラルフレイルに対する口腔ケアと訓練
・Nutrition Care 2017年2月号;連載.その患者、じつはフレイル?もしかしてサルコペニア?高齢者の食と栄養と嚥下障害を支える.オーラルフレイル
・リハビリテーション栄養UPDATE;歯科衛生士が活躍するリハ栄養
・日本歯科論2018年3月号 医療の行方:オーラルフレイルの位置づけと歯科医療③-フレイル予防の視点・歯科医療ができること(共著:飯島勝矢)
・フレイルのみかた;オーラルフレイル
・リハビリテーション栄養ポケットマニュアル;リハビリテーション栄養チーム.歯科衛生士
・歯科衛生士2019年6月号 特集.被災地支援のためにDHができること
・MEDICAL REHABILITATION No.238 摂食嚥下障害患者の食にチームで取り組もう. 摂食嚥下ケア(歯科衛生士)
・週刊医学界新聞 第3311号・3315号;病棟における口腔管理の最前線から(前編)第3315号(後編)
・最新知識・フレイル・サルコペニア~長く生きるから、よりよく生きるへ.(8)医科歯科連携(口腔スクリーニング・病院における歯科の役割と医科歯科連携)
・熊リハ発!エビデンスがわかる!つくれる!超実践リハ栄養ケースファイル
・リハビリテーション栄養学会誌;脳卒中のリハビリテーション栄養 脳卒中と口腔機能障害との関連からみる歯科衛生士の役割 他


【原著論文】(筆頭著者)
・高齢入院患者における口腔機能障害はサルコペニアや低栄養と関連する. 日本静脈経腸栄養学会雑誌.2016
・Poor oral status is associated with rehabilitation outcome in older peole . Geriatr Gerontol Int 2016
・Prevarence of stroke-related sarcopenia and its association with poor oral status in post-acute stroke pationts for oral sarcopenia . Clinical Nutrition.2016
・(推薦論文)在宅高齢者の口腔障害、栄養障害、嚥下障害の実態とスクリーニングツールの重要性. 栄養-Trend of nutrition
・(推薦論文)脳卒中サルコペニアと口腔問題との関連-早期経口摂取のための口腔スクリーニングの必要性 栄養-Trend of nutrition.2018
・Impaired oral health status on admission is associated with poor clinical outcomes in post-acute inpatients: A prospective cohort study.Clin Nutr. 2018
・Hospital dental hygienist intervention improves activities of daily living, home discharge and mortality in post-acute rehabilitation. Geriatr Gerontol Int. 2019


【資格他】
日本臨床栄養代謝学会栄養サポートチーム(NST)専門療法士              
日本臨床栄養代謝学会 代議員
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
日本リハビリテーション病院・施設協会 医科歯科連携委員会推進委員
日本リハビリテーション栄養学会代議員・理事
PEGケアカンファレンス熊本世話人


【内容】

口腔の問題は様々なシーンにおいて未だ顕在している。例えば、急性期からリハビリテーション目的で転院した患者は疾患や病前の生活習慣等により口腔機能は廃絶状態に陥っている事も多い。加えて栄養、嚥下状態も不良である事が多く、全身レベルを見ながら必要に応じて歯科治療計画が組み込まれる。それだけではなく生活改善においても指導を行い、安定した全身状態、栄養状態で元気に退院を迎える事、そして口腔への意識を高めてもらいこれからの生活に活かしてもらうことは、歯科衛生士の重要な役割だと考える。意識障害を有する患者は覚醒から、失語症を有する患者はコミュニケーションからのスタートである。入院患者、在宅療養患者ともに、約8割になんらかの口腔の問題、栄養障害を抱える現代の患者動態において、急性期から在宅療養までのシームレスな介入、連携は喫緊の課題である。連携には看護師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどとの連携も含まれる。

また歯科衛生士の介入は、治療を躊躇していた患者への後押しにもなっており、専門的口腔管理は感染予防にとどまらず、患者の臨床アウトカムの改善に有効であることも明らかとなっている。本セミナーはオンラインLIVEにて、内容を2回に分け症例も交えながら、オーラルマネジメントの重要性、口腔問題とサルコペニアとの関連、臨床アウトカムとの関連においてもわかりやすく概説すると共にその知識を習得します。


【プログラム】

●医科歯科連携の実際
●口腔の「見える化!?」口腔スクリーニングの活用について
●職種連携の考え方
●患者さんのための連携を
※質疑応答


【開催概要】

【開催日時】
・開催日程/2020年7月26日(日)
・開催時間/13:00-14:00

[定員]
30名

[対象]
施設・在宅 
医療・看護・介護・ケアスタッフ

[参加費]
2000円(税込)


■セミナー開始1時間前までに、Zoom接続用URLを『登録いただいたメールアドレス』までお送りいたします。

■携帯電話の受信設定をしている場合は、「@peatix.com」からのメールが受信出来る様に設定してください。


【開催方法】

「Zoom」を使ったオンラインでの開催となります。
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレットがあれば (カメラ、マイク付属)なら どこからでも受講できます。
資料などが見やすいパソコンでの参加を推奨致します。


食支援セミナーといえば、WinWin食支援セミナー


【主催】
株式会社WinWin
https://winwin-japan.com/seminars/
Sun Jul 26, 2020
1:00 PM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
セミナー費 SOLD OUT ¥2,000
Organizer
WinWinセミナー
584 Followers
Attendees
31

[PR] Recommended information